トレードをするうえで主な判断材料になるのがこの「ファンダメンタルズ」「テクニカル」。それぞれの分析方法について自分なり

の解釈を交え、考え方/重要性/信憑性などについて共有します。

【ファンダメンタルズ分析】

情勢、金融政策、財政政策、経済指標、企業の業績、などなど…様々な要因から未来の価格を予想する方法。

日本だけではなく海外にも目を向けなければいけない。

【テクニカル分析】

ファンダメンタルズの要素は全く考えず、チャートの値動きや各インジケーターを用いて、未来の価格を予想する方法。

過去の値動きを元に確率、統計を考えてエントリーや利確をする。また人間の心理的なものも判断材料になる。


ファンダメンタルズが与える値動きの変化

金融政策、経済指標などの発表の前後はチャートが大きな動きを見せます。

発表内容にもよりますが、その後数分間は激しい上昇下落が続くので、正直初心者の方はここは手を出さないほうが良いでしょう。

投資玄人の方やエコノミスト、アナリストの方でもどのように動くのか、判断が難しいと思います。

ですが両建てやスキャルピングをうまく使いこなせれば、利益を得られるチャンスになります。

 因みに、理由もなくどちらかにかけてエントリーするのは完全にギャンブルです。


意識すべき最低限のファンダ要因

  • 経済指標(米雇用統計、GDP=国内総生産、貿易収支など)
  • 金融政策(各国の中央銀行が国の経済を維持、向上させるために行う政策)
  • 財政政策(政府が国の経済回復の為に、インフラ投資などを行う政策)

その他にも重要な発表は沢山あります。


テクニカルでのチャートの見方

※ここでは「三尊、フラッグ」などの具体的な手法ではなく、考え方や値動きの理由を解説します。(解説できるほどの経験値はないのですが…自分なりのイメージを書きます。)

あたりまえですが、そもそも値動きが起こる要因は各個人投資家、機関投資家の売買というものがあげられます。ということは、投資家の考えや気持ちによって上昇下落をするので、心理状態ががそのままチャート上に反映しているとも言えます。

なのでトレンド、レンジなどの「一定の規則」がチャート上に見られます。全く同じというわけではありませんが、過去のチャートと似たような形になることが多くあります。

それをインジケーターやレジスタンス・サポートラインを補助的に使い、トレードのサインを見極めます。ファンダメンタルズと比べれば、情報量は少なくて済みますが、その代わり多くの経験が必要です。


信憑性

「ファンダメンタルズでは予想できない」、「テクニカルはこじつけ」と考える方も、もしかしたらいるかもしれません。

確かにに指標発表では素人はどちらに動くのかわかりませんし、テクニカル分析をしても全然的外れだったり…

ですが発表後は実際に値動きを見せてますし、テクニカルも割合的に見れば当たっていることが多い…ような気がします…。

まぁどちらも信じすぎず、目安程度で考えうまく活用するのがいいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です