当たり前ですが、なにも勉強していない初心者はテクニカル分析はできません。勉強していても実際にトレード経験がない人は、勉強の時点では理解した気になりますが、リアルマネーでの取引では十中八九うまくいきません。初めはうまくいってもそれはビギナーズラックにしかすぎません。(まぁ例えビギナーズラックでも、その後になぜ今勝てたのか分析ができれば経験にはなりますが…)

今回は初心者の私が初心者なりに、どのようなことをしてるかについてです


自分に適した手法の見つけ方

FXを始めたころはチャートを見ても、正直何が何だか全く分かりません。なので私はネット上の記事やYouTubeを参考に、見様見真似で様々な手法を試しました。

まさに十人十色、トレーダーの数だけ手法があります。自分で見つけたものは、ほとんど真似してみました。

そうするうちに「この人とこの人の手法を掛け合わせてみよう!」とか「この人のやり方にこのインジケーターを付けたらどうだろう?」、「このスタイルは自分には合わなそう…」など、いろいろな考えが出てきました。

その結果、自分に一番最適な手法(ベータ版)が出来てきました。(私の場合は、検証を繰り返した結果かなりシンプルな手法になりました)

本などに乗っている他人の手法は、その他人にとって最適なもの。自分なりの手法は自分で見つけるしかないと思います。だから参考本を買ってそのまま真似して、勝てない人が多いのでは?と思います。

同様に、セミナーやコンサルも、他人から教えてもらうだけで自分では試行錯誤をしないという人は成長しない。もし勝てても一時だけのような気がします。

また、スキャルピングかデイトレなのかスイングなのか、どれが自分に合っているかや、自分がどの相場環境に強いのかも自分自身で見抜かなければいけないと思います。……←こんなようなこと前の記事にも書いてたかも…

※商材、セミナーを全く否定しているわけではありません。※

何も知らない人からしたら投資の基礎的なことから勉強できますし、それが最初の基盤になります。

セミナーも「この手法なら絶対に勝てます!」とか言って一方的に教えるのではなく、考え方でしたり自ら考えるよう促しているものはためになると思います。

取り敢えず投資に近道はないということです。コツコツ頑張りましょう!

↑書きたいことだらだらと書きました、すいません…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です